T-アレックスの社会人のための税理士試験講座

社会人が働きながら税理士試験に合格するための情報を発信しています。金融関係の仕事をしながら官報合格済み。その他キャリアや英語学習の情報も発信しています。

カランメソッドStage6終了

こんにちは、T-アレックスです。

 

今回は英語学習の進捗についての記事になります。7月末にカランメソッドの受講を開始しました。Stage2は8月末に完了Stage3は9月下旬に完了Stage4は10月末に完了Stage5は11月末に完了しています。Stage6を完了したので記録を兼ねた記事を書きたいと思います。

 

1. 受講回数と時間

Stage6は50回で完了。その後Stage5-6の総復習(Full Book Revision)13.5回とGrammar Testが1.5回の合計60回(25時間00分)でした。受講期間は67日です。3週間ほど日本に帰国しており、1月末までのStage6完了を目指していたので目標通りでした。基本的に毎日1コマ受講し、週末は1日4レッスン受講することにしていましたが、帰国以外にも忘年会があったり風邪を引いたりとStage5より少しペースが落ちました。
QQEnglishの「よくある質問」にあるStage6完了までのレッスン数の目安は55回となっています。Stage4の時も思いましたが、Full Book Revisionと Grammar Testを含めると目安のレッスン数でStageを完了するのは無理ではないかと思います。

 

2. 受講スタイル

Stage2~5と特に受講スタイルは変えていません。単語のみ事前にテキストで確認しそれ以外の予習はしていません。New Wordはレッスンでの聞き取りに集中しています。復習は1レッスンあたり30分でレッスン前に行っています。1レッスンあたり復習とレッスンで1時間かけています。Daily Revisionの文章はほとんど暗記しており、10-12分で終わります。Stage6は平均1レッスンで1.98ページ進みました。

レッスンでは低い声を出す、リズム、ストレス、イントネーションなど発音にも気を付けています。

 

3. カラン以外の英語学習

カラン以外の学習はStage2~6の時と同様にELSA Speakでの発音練習とYoutubeの英語学習動画を見てスクリプトに合わせてオーバーラッピングをやっています。

 

4. 効果と感想

Stage5からは長い文章が増えており、New Workで先生の長い説明を聞いて覚えて、質問にフルセンテンスで解答するのは難しいです。Stage6でも復習をしっかりすればDaily Revisionではきちんと解答できます。難易度としては時々普段使わない単語が出てくることがありますが、文法も単語も特に分からないというものはありません。

6カ月カランメソッドを受講してStage6を完了し、仕事の英語のやり取りでやっと効果を感じ始めています。会議で同僚の発言は前より聞き取れるようになり、自分の発言もある程度スムーズに言えるようになってきました。まだ、議論に良いタイミングで入ったり言いたいことを詰まらずに言ったりできるレベルではありませんが、以前よりは大分改善していると思います。

カランメソッド経験者のブログなどを見るとStage5,6あたりがもっともつらい時期のようですが、やっと効果を感じられるところまで来ました。

Stage7,8は4月末までに完了できるよう頑張りたいと思います。

 

今回はここまでとなります。参考になればうれしいです。